Friendly GARDEN家から一歩で海外気分

About

カジュアルで明るく
メンテナンスフリーの洋風ガーデン

白く美しいバイナルフェンス、青々とした人工芝、いつまでも傷まない樹脂のウッドデッキ、海外ドラマでよく目にする北米スタイルの庭をフレンドリーガーデンは提案します。3つの建材はどれも海外で多くの実績があり、「本格的」「美しい」「丈夫」「維持管理がラク」との評価を得たものを使用。
開放的で明るい海外テイストの庭は、暮らしのバリエーションを増やします。

  • 高いデザイン性

    アメリカをはじめカナダやオーストラリアなど、海外で高い評価を得ている建材の組み合わせで、本場の雰囲気を自宅で実現します。

  • フレンドリー規格

    フェンス、ウッドデッキ、人工芝ともに高品質で耐候性、耐光性などに優れており、お手入れに手間がかからない、利用者に優しいフレンドリーな規格となっています。

  • 自由設計

    北米スタイルのフェンスを熟知したプランナーが、施主様の暮らしや住まいのご要望に合わせてプランニングを行います。

Works

フレンドリーガーデンの実例

自由設計で実現した理想の洋風ガーデンを紹介します。

Case 01

サンディエゴで見た
アメリカ西海岸の庭を再現[ A邸 神奈川県横浜市 ]

娘夫婦の暮らすアメリカのサンディエゴを訪れた際、施主様は当地の住まいや街の雰囲気に魅せられたそうです。特に敷地を囲う白く眩しいフェンスと、庭一面に敷かれた芝による白と緑の2色で構成されたシンプルな庭をとても気に入り、ぜひとも自宅で再現したいと決意。日本に戻ってからアメリカで高い評価を得て普及している「バイナルフェンス」を検索してフレンドリーガーデンを見つけました。
施主様は「家と庭は料理とプレートのような関係なので、どちらもきちんと磨き上げることが大事」と語り、理想の庭造りをフレンドリーガーデンのプランナーと一緒に開始します。道路面以外の3辺の境界線をバイナルフェンスでぐるりと囲い、プライベート感のあるサンディエゴの庭を再現。リビングの開口部に広いウッドデッキを敷設し、屋内と庭との連帯感を強めました。また、ウッドデッキにはパーゴラを設置。将来的には蔓系の植物を絡ませたいと施主様は構想を語ります。
バックヤードの入り口に設けたアーチアーバーも庭のワクワク感を高める仕掛けです。ここにはバラ系の植物を絡ませるとのこと。このアーチアーバーやパーゴラもバイナルフェンスと同じ素材のため、シンプルで統一感のある庭に仕上がっています。

「どんなに綺麗な庭をつくっても維持できなくては意味がありません。バイナルデッキならメンテナンス不要で高圧洗浄やモップ掛けでOKです」(施主様)

シンプルな庭がつくれるのもフレンドリーガーデンの特徴の一つ。「真っ白なキャンパスのように、理想の庭つくりが楽しめます」(施主様)

Case 02

狭い庭も充実の
アウトドアスペースに大変身[ O邸 東京都目黒区 ]

狭小の庭をリフォームした事例です。以前は芝のない土の庭で、鉄柱にサイディングを貼ったフェンス、そして木製のウッドデッキがありました。しかし、フェンスの腐食が激しく施主様は、メンテナンスや耐久性、見た目の美しさに重点を置いたリフォームを考えるように。フレンドリーガーデンを見つけたのは、やはり「バイナルフェンス」がキーワードだったといいます。当初はフェンスのリニューアルだけの予定でしたが、「せっかくだしウッドデッキも一緒に」つくり直すことになりました。最終的には人工芝も新設することになるのですが、フレンドリーガーデンに行きつくまでに施主様はさまざまな人工芝を調べたそうです。その上で「美しさや耐久性など、品質に満足した」と採用に至りました。施工後は「すっきりして広く感じるようになった」とのこと。素足で歩けるようになったのも気に入っている点だそうです。ゴルフや子供のプールを庭で楽しむ機会も増え、「狭い庭がすっかり生まれ変わった」と自宅でアウトドアを満喫しています。

Case 03

住まい手のキャラクターを反映した
オープンガーデン[ K邸 埼玉県入間市 ]

1950年代にアメリカ西海岸で誕生した「ローライダーカルチャー(*)」が好きなご主人。「アメリカで見てきた庭を日本で実現したい」と考えフレンドリーガーデンをパートナーに選びます。
打ち合わせを重ねたプランナーは、ご主人のキャラクターを加味したデザインを提案。「暮らしや庭を楽しんでいる様子を外にも見せてしまおう」というテーマの基、庭を周囲から隠さないオープンな構成にしました。フェンスは定番のピケットフェンスを採用。庭のシンボルツリーにはヤシ系の植物を選択しました。また、ぐるりと囲ったフェンスの内側だけではなく、道路からのアプローチを含む斜面にも人工芝を敷設。抜群の雰囲気をつくる共に広い敷地のメンテナンスの軽減を実現しました。住まいを目にした人が「アメリカン」と感想を抱くような外構に仕上げています。
(*車高を低くしたカスタム車に乗るメキシコ系移民や黒人が生み出した文化)

Materials

フレンドリーガーデンを構成する3つの特徴的な建材
「バイナルフェンス」「ウッドデッキ」「人工芝」
を紹介します。

バイナルフェンス

バイナルフェンスはアメリカやカナダ、オーストラリアなどでよく用いられる世界的に評価の高いフェンスの種類です。フレンドリーガーデンで取り扱うバイナルフェンスの「バリューフェンス」はオーダーメイドにも対応可能。庭に用いると住まいが一気に本格的な海外住宅の雰囲気に。また、同じ素材で庭を彩るパーゴラやゲートなどを製作することも可能です。

  • 安全

    ダイオキシンや鉛などの有害物質を含まない原料でつくられています。食器と同様の無毒性で小さなお子様のいる家庭でも安心して使用することができます。

  • 高耐久

    バイナルフェンスは住宅の外壁材と同等の30 年以上の耐久性を有しています。強度は鉄やアルミ製のフェンスに比べて3~5倍です。腐らず傷まず、塩害もありません。

  • 容易な
    メンテナンス

    高品質の樹脂でできているので、木製フェンスのように腐食が起こりません。また、白いペンキを塗り替える必要もなく、簡単な汚れなら水を掛けるだけでOK。定期的なメンテナンスはほぼ不要です。

  • 選べる豊富な種類

    フレンドリーガーデンでは数多くのデザインパターンのバイナルフェンスを取り扱っています。ご家族や住まいの趣向に合わせたフェンスをお選びいただけます。もちろん、プランナーが最適なご提案もいたします。

ウッドデッキ

フレンドリーガーデンのウッドデッキは、バイナルフェンスと同じ素材でできた「バイナルデッキ」を採用しています。
100%樹脂で成形された製品で、施工当初の美しい見た目と質感が長く維持でき、腐らずささくれも起こらず安心して長期間ご利用できます。

  • 素足で歩ける

    天然木のように割れやささくれが起こることなく、水分や塩分での劣化も起こらないため、小さなお子様も安心して素足で出ることができます。

  • 白アリの心配なし

    板材はもちろん基礎材も高耐久の樹脂製品を採用しています。ウッドデッキでは風通しの悪いジメジメした基礎部分から白アリが発生するケースがありますが、フレンドリーガーデンの基礎ではまったく発生することはありません。

  • 簡単施工で短工期

    基礎はVADP デッキ基礎システムを採用。容易に誰でも高さ調整が可能で、工期も短く簡単に設置することができます。

デッキのカラーは3色

床材はシックなダークブラウン、
上質で優しいアイボリーに加えて、
汚れに強いバイナルならではの
ホワイトを用意しています。

人工芝

フレンドリーガーデンではフラフィーターフの人工芝を取り扱っています。
どの人工芝よりふわふわで優しい足触りの高密度リアル人工芝です。
量販店などで扱う一般的な人工芝と比べると質量があり、その分、芝の密度が高く耐久性に優れています。

  • ふわふわ優しい

    しなやかで真っすぐな芝とカール芝の組み合わせにより、クッション性能がとても高くふわふわとした足触りです。ペットやお子様にもとても優しい人工芝です。

  • いつも爽やかな
    初夏

    フラフィーターフは「初夏の明るさ」を意識した色合いです。
    お手入れ要らずで一年中、心躍る爽やかな庭をつくります。

  • ピカピカしない

    人工芝が安っぽく見えてしまう理由の一つが、ピカピカと太陽光の反射によりビニール紐が並んだように見えることです。フラフィーターフの芝色は反射を抑えたマットな色合いです。

  • 車で踏める
    高耐久

    下地が丈夫ならば車を載せても大丈夫!ふわふわなのにとてもタフな人工芝です。飛んだり跳ねたり走り回ったり、アクティブにお使いいただけます。

Message

フレンドリーガーデンが目指す
3つの「フレンドリー」

フレンドリーガーデンは、使う人(施主様)、設置する人(施工業者様)、環境の3つにフレンドリー(優しい)な存在となるよう企画・設計しています。お客様が思い描く夢の風景を実現し、その理想形をいつまでも変わらずメンテナンスフリーで長期にわたり維持する――。そのような特性から、施主様の日常から不便を省き、施工業者様の活動を支援し、環境保護にも貢献できるお庭造りをご提案します。

Friendly GARDENの「フレンドリー」

資料請求やお問い合わせ